セックスは最初の切り替えが大事

SEXは外堀から責める意味とは、、
イキナリ挿入ではいけません。
まづはじっくり可愛がりましょう。
これから入れると女性の脳にインプットすることです。
セックスは最初の切り替えが大事

 

川上です。
セックスは外堀からの意味は
女性の快感を感じるプロセスを理解してじっくり攻めることです。

 

男性の心としてはさっさと乳や女陰をなめたり揉んだりして
陰茎を挿入しいと思います。

 

これはある意味男性目線で女性のプロセスは考慮に入っていません。

 

このようなセックスは風俗やオナニーと変わりません。

 

そこで女性の快感が盛り上がるプロセスを考慮した愛撫を加えると
女性は快感の波に流されて喜び始めます。

 

陰茎を挿入しているときにオーガズムを迎えると
女性ばかりでなく男性も気持ちがいい。

 

膣の中がけいれんして快感に夢中になりながら
女性は同時に男性も責め立てます。

 

これは風俗やオナホでは味わえない快感です。

 

男性目線で自分本位の快感を求めるより
女性の目線で快感を導き出すと何倍も自分に帰ってきます。

中途半端でセックスを進めるのはよくない

SEXは外堀から
中途半端でセックスを進めるのはよくない
服脱いでイキナリ挿入は
たまにする刺激的なレイププレイではいいかもしれません。

 

でも、いつもそうだとセックスレスの原因になります。
たまに襲われてセックスするのはいいかもしれませんが

 

女性にセックスすると言語的な日常から
感覚的なセックスの世界に切り替える作業がないので
不完全なままセックスをするのでオーガズムを迎えにくいです。

 

SEXは外堀から

 

それと同じことは結構日常の性生活でおおいとおもいます。
日本人女性の半数がオーガズムを感じていないことからもわかります。

 

日常からセックスの世界に代わるプロセスや前儀を丁寧にしないことから
陰茎でのオーガズムが得られない。

 

中途半端なまま突き進んでしまうので
爆発的な快感を感じることができないんです。

核心の部分をいじくる前にじらす

SEXは外堀から
核心の部分をいじくる前にじらす
SEXは外堀からの意味は
セックスモードに女性を切り替えさせる。
イキナリ核心のスポットをいじるのではなくて手足の先端から愛撫することです。

 

前儀の段階でマッサージや愛撫することが重要です。
指先からだんだん体の中心に向かってを触ることです。
コレをきちんとしていないと女性がイクことはありません。

 

オさわりしながらマッサージは結構大事です。
子供がいると腰や肩が懲りますし、そこがつけいる隙になります。

 

体をほぐすのは指先から初めて
体の中心に向かってほぐします。
軽くもみながら移動するといいかもしれません。

 

背中は腰から肩に向かってほぐすといいです。
足の先から頭に向かって上のほうへうえのほうへの流れが基本です。

 

やり方はアダムタッチなどいろいろありますが
共通することはじっくり時間をかけてソフトタッチで触ることです。

 

AVみたいに高速バイブの動きではありません。

 

マッサージや前儀を通じて女性の頭にこれから気持ちがいい事をする
入れることをインプットすることです。

 

そのプロセスがカス人の乳や股間を責めたときの
気持ちよさが変わってきます。

 

以上、川上でした^^

 

 

セックスのスイッチを入れるとことからポルチオ開発まで
今までのセックスを改善して気持ちよさを倍増するノウハウはこちら↓
ナカイキで快感を深める北条麻妃の膣開発法

 

 

気持ちのいいSEX

 

SEXは外堀から

 

SEXは外堀から

 

 

SEXは外堀から
トップへ戻る