女性器は多面的な愛撫ができる。

スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導くことは
ちょっと奥が深いと思います。
前儀で責めるのは一番好きなソコだけではありません。
ではそれを学ぶには、、
女性器は多面的な愛撫ができる。

 

川上です。
DVDを見ていることです。
触るラインなどは書籍でも図解されていますが

 

実際の手の動きは映像でないと
ちょっと理解ができないかもしれません。

 

コチラはどんな感じというと
外側の攻め方や膣の攻め方など多岐にわたるのと

 

一番秘密なところなので
Youtubeで探しても公開されていません。

 

有料で販売されているものなので
動画を配信している人も公開はできないんです。

 

購入したセックス教材には
Gスポットの他にAスポットやTスポットなど
膣のスポットにも解説されています。

 

これはもう映像での学習しかない気がします。

 

書籍のもうでも
割れ目をゆびや舌を使ってなめるとき

 

割れ目の流れに沿って
いう感じで解説されています。

 

どのくらいのスピードでとかは
文字での説明はちょっと厳しい。。かもです。

地道に頑張る

スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導く
スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導く
女陰の攻めの動きは動画がいいと申し上げましたが
それまでのての動きとか
愛撫の流れは書籍のほうがいいかもしれません。

 

核心の割れ目に入る前にじらしたりする必要があります。

 

会陰や足の付け根、マンコの土手など攻めるところは沢山あります。
アダムタッチでじっくり責めますが

 

核心の膣は最後のメインディッシュは
ちょっと違った動きをします。

 

実際の挿入前にソコを刺激しておくと
オーガズムを導きやすくなります。
ちょっとした準備です。

 

スローセックスの教材を見ることで
かなり女性性器の構造を詳しく理解できます。

 

性医学会会員のアダム徳永ならではの
科学的なアプローチを学ぶこともできます。

 

あなたも科学的な愛撫で彼女をメロメロにしてください。
ちょっとずつ実践が大事です。

実は愛撫の女陰がすべてではない

スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導く
スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導く
スローセックスも快感を追求するメソッドです。

 

性器、乳房など局部的な攻め方を解説していますが
部分だけの攻め方を覚えてもだめです。

 

あくまでセックスの性感を楽しんで
水が溜まってこぼれるくらいまで感じていることを楽しまないと
スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導く
水がこぼれてオーガズムを迎えることはできません。
スローセックスの女性性器を適切に扱い快感に導く
最終的にはオーガズムを目指すにしても結果としてオーガズムが得られた
そんな感じでセックスに挑んだほうが

 

お互い気が楽ですしオーガズムを迎えられる確率は高くなります。

 

セックスすれば必ずしもオーガズムが迎えられるわけでもないですし
気楽にスキンシップと官能の世界を楽しんだほうが

 

現実的でいいと思います。

 

あなたはセックスの神様になるのではなくて
二人で快感をむさぼることが大事なのです。

 

以上、川上でした^^

 

 

スローセックスで女性器の扱いに強くなる

 

トップへ戻る