乳首すぐなめたくなるのもわかります。

スローセックスとちちの揉み方関係は深い。。
大きくても小さくても乳房の責めは愛しく扱うべきです。
スローセックスでは気持ちのいいチチ揉みが学べます。
ちちの揉み方

 

川上です。
一番早いのはスローセックスのビデオや書籍を見ることです。
手軽に購入できる価格なので
その機会にトレーニングしちゃうのがおすすめです。

 

いきなり乳房の外側からせめても
乳房も服脱いでイキナリ乳首責めるのは良くないです。

 

あなたは女性のオッパイはの下からさすって、もんで、
たまに乳首をつまんだりなめたりする程度だと思います。

 

ちょっと都市伝説ですが巨乳は感覚がスローで感じにくいと言ったり、
乳首は感じても乳房は感じない ウソです。

 

ただ、乳房を効果的に刺激を与える方法を知らないだけです。

 

痛いと感じる刺激は避けましょう

スローセックスとちちの揉み方関係は深い。。
スローセックスとちちの揉み方関係は深い。。
ちちを責めて女性が気持ちよくなるには
ベットイン前からの流れが大事になります。

 

ちゃんとセックスするときに感じる頭に
切り替えないといけないんです。

 

たまには乳首を速攻なめるのもいいです。
が、それは時々ののサプライズです。

 

AVで見かけるわし掴み。
これ、オナニーのネタで見た目はいいかもしれないけど
女性にとっては痛いだけです。

 

盛り上げてからのちちモミのほうが
じらす感じでいいと思います。

 

キホンは円の動きでチチの外側から渦を巻くように
だんだん乳首に近づいていきます。

 

だんだん近づくのが性感を高めるポイントで
じらすことになります。

 

スローセックスのちちの揉み方では
アダムタッチに加えて乳首以外の隠れたスポット
など紹介しています。

 

乳房の上のほうにあるポイントです。
いろんなテクが紹介されていますが大事なことがあります。

二人で楽しむことが大事です。

スローセックスとちちの揉み方関係は深い。。
スローセックスとちちの揉み方関係は深い。。
乳房をもてあそぶ前に大事なこととは3つです。

 

  • 女性がセックスを感じる状態にする
  • セオリーは大事だが欲望を優先させるのもあり
  • 痛い刺激は与えない

 

意外と胸は思ったより気持ちよくないと考えている女性は多いようです。
初めのうちはいろいろ試してみるといいと思います。

 

スグには感じたりすることはないと思うので
気長に楽しむように
セックスのテクを覚えるといいと思います。

 

本読んで実践したら
おしっこ漏らすほど感じてしまった。。

 

なんていうことはありません。

 

じっくり少しづつ覚えるといいと思います。
場数を踏むならパートナーにお願いして

 

沢山セックスしましょう!

 

スローセックスを学んで実践すると
パートナーの考え方も変わるかも知れません。

 

マづは性愛を二人で楽しむことです。
スローセックスとちちの揉み方を覚えて乳首をなめましょう。

 

以上、川上でした^^

 

 

スローセックスでちちの揉みかた極める

トップへ戻る