受精する確率を知る

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率
実は年代ごとに妊娠する確立は変化します。
一般的には1回の周期で25%程度といわれています。
医学的なデータとあわせて紹介します。
受精する確率を知る

 

川上です。
精子も卵子も老化するといわれています。

 

年代によって妊娠しやすいとかあるのでしょうか

 

医学的な根拠も見てみることも大事だと思います。

 

19-26歳では

一番タイミングが合ったときで50%の妊娠率なのに対し、
27-34歳では40%、35-39歳では30%
Woman type [ウーマンタイプ]より抜粋しました。

 

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率

 

年代と共に妊娠する確立は低くなるようです。

 

年代が若い方は避妊はちゃんとしたほうが
いいみたいです。

 

中だしするときは慎重に排卵日を予想しましょう。

若い方が気を付けること

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率
若い方が気を付けること
精子の旅で記載しましたが、
受精までの道のりは大変な作業です。

 

でも

 

気を抜いていると妊娠にてしまいます。

 

若い方はカラダ元気なので妊娠しやすいことです。
仕事や学業で妊娠や結婚を望まないなら

 

コンドームを使うことをおすすめします。
最近だとウレタン製で超うす型できもちいい製品があります。

 

コンドームであれば好きな時に子供を作ったり
予防したりと自在にできます。

 

下手にパイプカットしたりピル飲ませたり
するよりは
将来を見据えてコンドームがおすすめです。

 

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率

 

周期が安定しているパートナーだったら
何か月か周期を観察して中だしするといいと思います。

 

子供を作るときと作らないする時のメリハリは
二人の問題として
きちんと考えるべきだと思います。

 

特に生で中だしSEXするときは
避妊するときと子供を作ることを明確にして

 

パートナーと情報を共有することが大事ですね。

 

若い方は結婚するなどいろんな未来があります。
パートナーと真剣に話し合いましょう。

中高年の方

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率
中高年の方
ある程度年齢を重ねていると
お子さんを作る可能性があるかどうかは

 

かなりはっきりしてきます。

 

目的に合わせて避妊を考えるといいと思います。

 

年齢を重ねて妊娠しにくくなってきているといっても
可能性はゼロではありません。

 

特にまだ生理がある女性は可能性があります。

 

じっくり排卵日を予想して中だしをするか

 

二人の話し合いと予算をかけて
ピルやパイプカットなどリミッターなしの避妊をお勧めします。

 

40代以降は特に油断禁物です。

 

また閉経が近くて更年期障害が出ているときは
病院に行ったほうがいいです。

 

一般的にはなかなか行きたがらないですが
早めにいったほうが症状が楽になります。

 

血液検査で始まっているかどうかすぐにわかります。
早めの治療とパートナーへの思いやりが大事です。

 

快楽におぼれたい

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率
快楽におぼれたい
中だしの快楽におぼれたいときは

 

ピルかパイプカットがおすすめです。
ピルはやめると妊娠できるのでちょっと手軽だと思います。

 

IDUや卵管結紮は痛いのでちょっとしきいが高いです。

 

パイプカットは一度やっちゃうと
復元しても子供ができる確率は非常に低くなります。

 

費用が掛かりますが、
治療したらリミッターなしで快感に溺れることができます。

 

快楽目的のセックスは妊娠のリスクをできるだけ減らすことだと思います。

 

じっくり考えて、二人で話し合って決めましょう。

ちゃんと二人で話し合い相談しましょう。

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率
ちゃんと二人で話し合い相談しましょう。
ただ

 

快感におぼれて、中だしているだけじゃないと

 

洗脳ではなくて情報共有することがポイントです。
お互い思いやって話し合いすることです。

 

知っておきたい年代ごとの妊娠する確率

 

男性の方から周期のことを話しかけることによって
あるいは避妊について相談を持ちかけることは大事です。

 

女性に対して計画的に考えて行動していると
安心感を与えていることになります。

 

そして、スムーズにナカダシを許してくれます。

 

 

以上、川上でした^^

 

 

中だしのタイミング

 

 

気持ちのいいSEX

トップへ戻る